セルフカットと1000円カットを経験者がコスパで比較してみる

現在は1000円カットを利用して散髪を済ましているですが、バリカンまで買って、セルフカットに挑戦したこともあります。

この経験から、どちらがコスパがいいかを比較してみようと思います。

スポンサーリンク

セルフカットのメリット・デメリット

とにかく安い(メリット)

セルフカットは、ホントに安いです。

そこそこの品質のハサミは1000円、バリカンは2000円くらいから買うことが可能なので、少しの初期投資をすれば、数年間は無料で散髪できてしまいます。

バリカンは、コンセントにさしっぱなしにしないと使えないものではなく、充電できるものがオススメですね。

下記は、実際に買って使っていたはさみとバリカンです。GATSBYのはさみには、セルフカットのやり方を詳しく紹介している用紙が付いていましたね。

バリカンについては、Panasonicやフィリップスの製品よりも、水洗いができるTESCOMのバリカンが安くていいですよ。

いつでも、自分の好きな時間に散髪できる(メリット)

美容院や床屋さんは予約した時間ではないと散髪できませんし、1000円カットでも深夜や早朝には散髪できませんね。

一方のセルフカットの場合は、いつでも自分の好きな時間に散髪できます。

毎日散髪することも可能(メリット)

美容院や床屋さん、1000円カットは利用するたびにお金が必要です。

一方のセルフカットは、初期投資さえすればランニングコストはほぼ0円。毎日でも散髪できます。少し気になるところがある場合も、無料で何回でも散髪できます。

散髪するのが難しい(デメリット)

普段は美容院や床屋さんや1000円カットを利用して、少しだけ気になったところをセルフカットするという場合はさほど難しくありません。

しかし、セルフカットだけで散髪を済ませようとすると、ある程度の技術と知識が必要です。

動画なども見て何度も挑戦したのですが、どうしても後頭部あたりが難しいので断念しました(襟足などの頭の後ろ側がはっきりと見えないので、失敗してしまう…)

結論としては、バリカンで坊主にする以外では、セルフカットはなかなか初心者にはハードルが高いです。

あと、セルフカットをした後に床屋さんに行くと、座ってすぐ「自分で切りましたか?」と言われてしまいました→プロには、自分で髪を切ったとすぐにばれるようですね

準備・後片付けが面倒くさい(デメリット)

これ、めちゃくちゃ面倒くさいです。普通の家でセルフカットをする場合は、お風呂場に新聞紙を敷いてするのではないでしょうか?

新聞紙を敷いている場所以外にすこしは切った髪の毛が飛びますし、体にかなり付いてしまいます。この後片付けだけでも、10分はかかりますから(^^;;

あと、セルフカット中はホントに寒い…


1000円カットのメリット・デメリット

1000円払えば、プロが全てやってくれる(メリット)

1000円カットの場合、1000円+税を払えば、準備・後片付けや散髪まで、全てを理容師の方がやってくれます。

セルフカットのように初期投資もいりませし、失敗する可能性もかなり低くなります。面倒くさがりな人でも、ストレスなく散髪が終わりますね(^^)

多少は雑に散髪される(デメリット)

1000円カットは、回転率重視の経営をすることで、あの低価格が成り立っています。

だから、理容師は一人でも多くの人を散髪して、料金を支払ってもらう必要がある。混んでいる時は多少は雑に散髪される可能性があります。

さらに、注文の仕方が下手くそな場合は、自分の思い通りの髪型にならずに、失敗してしまう可能性も高くなります。

でも、これは具体的に髪型を注文したり、混んでいない時に散髪に行けばいいので、必ずしもデメリットになるとも言えないです。

1000円カットの攻略法は、以前まとめています。

1000円カットで失敗しない注文の仕方

1000円カットのほうがコスパがいい


セルフカットは、30分から1時間は散髪する(準備・後片付けを含める)のに最低かかりますし、最低限の知識と技術が必要です。あと、けっこう疲れます(^^;;

一方、1000円カットの場合は、1000円+税を払えば、プロが全てやってくれるます。よほどお金に困っていない限り、1000円カットを利用したほうがコスパがいいです。

まとめ

セルフカットは、バリカンで坊主にする場合と、美容院や床屋さん・1000円カットと併用する場合だけにしておく。

それ以外はプロに髪を切ってもらいましょう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする