iCloudメールにくる迷惑メールを受信拒否したい

先日、iCloudメールにくる迷惑メールを受信拒否しようとしました

結果としては、iCloudメールで受信拒否はできませんが、「受信」や「迷惑メール」に送られることなく「ゴミ箱」に直接送ることは可能でした。

設定するのに時間がかかってしまったので、わかりやすく迷惑メールを「ゴミ箱」へ直接送る設定の仕方を紹介しておきます。

スポンサーリンク

iCloudメールにくる迷惑メールは受信拒否できない?

iPhoneを初めて購入したばかりの時に、操作に慣れていないせいで明らかに怪しいサービスにiCloudメールで登録してしまいました…

そこから毎日2~3通の迷惑メールがくるようになり、迷惑メールに振り分けるも半分くらいは普通に「受信」に振り分けられていました。

念のため。多くの方が知っていると思いますが、迷惑メールに返信・アクセス・配信の解除などは絶対にしてはいけません。

そういうことをしてしまうと、このメールアドレスは実際に使っているということがわかってしまい、たちまち大量の迷惑メールがきてしまうことになりますので。

最近になって、やっと迷惑メールは受信拒否することに。結果としては、iCloudメールで受信拒否はできません、というよりも受信拒否そのものの存在がないといったほうが適切かもしれません。

できることは、迷惑メールを「ゴミ箱」に直接送って、目につかないようにしてくれることです。

一応、「ゴミ箱」に移動されて30日間で自動的に削除されるため、多くの方にとって許容範囲内ではないでしょうか。

iCloudメールにくる迷惑メールを「ゴミ箱」に直接送るように設定する方法

パソコンでiCloud.comにアクセスして、ログインする

初めてiCloud.comにログインする方は下記の記事が参考になります。

iCloud.comにログイン(サインイン)する方法

メールアイコンをクリック→拒否したいメールアドレスをコピペする

カレンダーや連絡先のアイコンが並んだページが表示されます。ここでは、メールのアイコンをクリック。

すると、iCloudメールが開くので、ここで自分が拒否したいメールアドレスをコピペしておきましょう。

左下の歯車アイコンから「ルール…」をクリック

iCloudメールが開くので、左下の隅にある歯車アイコンをクリックして、「ルール…」をクリック。

ゴミ箱へ直接送る

新しく開いた画面の右上にある「ルールを追加…」をクリック。

「フォルダへ移動」→「ゴミ箱へ移動」に変更

あとは、拒否したいメールアドレスを入力して、終了をクリック。

これで、迷惑メールが目につくことなく、「ゴミ箱」に直接送られる設定になります。あとは、iCloud.comをブックマークしておくと、今後のためにいいかもしれません。

iCloudメールはAppleのサービスだけで使うべき

受信拒否できないiCloudメールで会員登録などをすることは、iPhoneユーザーにとってはリスクが大きすぎます。

iCloudメールのメールアドレスを変更するのも可能ですが、かなりめんどくさいのでオススメできません。

どうしてもというなら、捨てメアドを使って登録するようにしましょう。

▼iPhoneユーザー全員が知っておくべき

iPhone売る前にやることリスト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする