軽自動車税はコンビニで納付できる!

4月になり、軽自動車税を納付する時期がきましたね。

自分は4月1日時点で原付を所有していたので、1000円を払う必要があります。そこで、コンビニで支払いをしてきました。

スポンサーリンク

軽自動車税の増税はいつから?

軽自動車税は原付・バイク・軽自動車などを4月1日時点で所有している人にかかる税金のことです(今年の4月2日以後に車を所有した人は、来年から税金を払うということ)

本来は2015年(平成27年)度から、軽自動車税(原付・バイク・軽自動車ect…)の税率が変更される予定でした。

しかし、消費税増税の影響もあるのか、低所得者に配慮するとして、原付・バイクなどに関しては、2016年(平成28年)度からに変更されました(軽自動車などについては予定通り実施されます)

これを素直に聞くと、原付・バイクなど以外の軽自動車については今回払う税金が増税される印象を持ちますが、それは違います。

今年(平成27年)の3月31日までに、車を所有している人に対して課税される税金は去年までと同じ金額。

今年の4月1日以後に、新たに車を所有した人に対して課税される税金から増税されるという意味です(注:今年の4月2日以後に車を所有した人は、来年から軽自動車税を払う)

4月1日ぴったりに車を所有した人は、たった1日の違いでさらに余計な税金を支払うことになりますね(ようするに、車を買うなら4月2日以後に買うようにしたほうがいいということ)

今回支払う軽自動車税の金額(今年の3月31日までにも車を所有していた人の場合)

  • 原付(50cc以下) 1000円
  • 原付(50〜90cc以下) 1200円
  • 原付(90cc〜125cc以下) 1600円
  • 原付(ミニカー) 2500円
  • 軽自動車(2輪、125cc〜250cc以下) 2400円
  • 小型特殊自動車(濃厚作業用のもの) 1600円
  • 小型特殊自動車(その他) 4700円
  • 2輪の小型自動車(250cc超) 4000円
  • 軽3輪 3100円
  • 乗用(4輪以上、営業用) 5500円
  • 乗用(4輪以上、自家用) 7200円
  • 貨物(4輪以上、営業用) 3000円
  • 貨物(4輪以上、自家用) 4000円

軽自動車税はコンビニで支払うことができる!

多くの自治体では、軽自動車税をコンビニで支払うことができます。

CVS収納用のバーコードが納税通知書に付いていればOK(バーコードが納税通知書になければ、コンビニで支払うことができません)

このバーコードをコンビニの店員さんに「ピッ」と通してもらって、お金を払えば支払い完了です。あとは、コンビニで支払うときに注意することがあります。

注意することとして、納期限を過ぎたものはコンビニで支払うことができません。

あとは、領収証書とレシートの両方を受けとりましょう(領収証書は納税通知書の右端を破ってくれる、判子の押されたもの)

万が一にもトラブルがあって、支払われていないことになってしまった時のために。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする