【メルカリ】値下げ交渉のコツ、出品者がついOKしてしまう魔法の言葉

ダウンロード数は2000万を突破し、出品すればすぐ売れると話題のメルカリ。フリマアプリでは圧倒的地位を築き、ヤフオクにも迫っています。

そんなメルカリ、自分はリリースされてから半年くらい経って(2013年の年末から)使い始めました。当時も、出品すればすぐ売れていたのが懐かしいです。

最近、評価は500(出品400、購入100くらいの割合)を超えて、業者さんを除くと多い方だと思います。

これだけやり取りをしていると、購入者として商品を値切って買うことがいやでもうまくなりました。そこで、自分の経験からメルカリでの値下げ交渉のコツをまとめておきます。

スポンサーリンク

値下げ交渉のコツ(返信の仕方)

購入者に対する印象

メルカリの特徴として、コメントのしやすさがあります。コメント欄では、商品について(洋服の場合は着丈や肩幅)を質問したり、値切ったり。

出品者としては、コメントがつくのは普通と理解しているので、臆せずガンガン質問するべきです。夜間のプッシュ通知は制限できるので、深夜であってもOK。

本題に入ります。まず、出品者はある程度の値下げを要求されることは覚悟しています(笑)

「ここまでは頑張れるよ」という価格から、1~2割増しくらいの価格設定をしている場合が多い。だから値切れるんですけどね。。

ここで購入者にお願いしたいのは、いきなり値切るのではなく、まず2つのことを出品者に伝えてほしいんです。例文も紹介しておきますね。

★★★

  1. 購入を希望していると伝える→「購入を検討しています」
  2. 購入代金を即支払いできる→「クレジットカード(またはポイント)で即支払えます」

★★★

1についてですが、この言葉があるかないかでは意外と購入者に対する印象が変わります。値段の交渉に入っていくときに、出品者が一番恐れることは商品を値下げしたのに買ってもらえないこと。

今後は値下げ後の価格以下でしか売れなくなりますので。だから、「買いますよ!」アピールはしっかりするべきなんです。「やっぱり買わない」となっても、適当な理由をつけて断ればOK

★★★

2について、これも大きいです。最近ユーザー数が増えてきたこともあり、購入したのに代金を支払わないユーザーさんが増えてきました。

自分の経験では、購入後のコメント欄で値下げを要求するという謎の行動をとる方に遭遇したことがあります。

他には、メルカリ内で転売しようとする方もいました(支払いはコンビニ支払いを選択→支払い猶予期間内に購入金額の3倍でメルカリに出品→結局代金が支払われることはなかった)

こういう悪質なユーザーが存在してトラブルが起きているので、出品者としては即お支払いができる購入者さんのほうがありがたい。

だから、「ポイント(またはカード)で即お支払いできます」と伝えておくべきなんです。

どのくらいの値下げを要求するべきか?

出品者が受け入れ可能なのは1~2割くらいの値下げだと思いますが、金額よりも交渉の仕方が重要になってきます。

まず、「どのくらい値下げ可能なんでしょうか?」というのは絶対NGです。あたりまえですが、出品者としては1円でも高く商品が売れてほしいので、自分からは具体的な値段は言いたくないもの。

さらに、具体的な値段を提示して断られるのはもっと最悪です(今後は値下げ後の値段以下でしか売れなくなる)

「5000円~5500円くらいになりませんか?検討お願いします。」というように具体的な値段を購入者側から提案しましょう。出品者に断られれば、もう少し高い金額を提案すればOK

「5000ポイントしかないんです…」

一番効果的なのはこれです(笑)

これ以上払えないという具体的な根拠を示されると、出品者は反論できません。ポイントなら即支払ってくれるという確証も取れるので、余計悩みます。

「5000ポイントしかないんです…検討お願いします。」と下手に出れば、値下げ交渉成功の確率はグンと上がります。

メルカリで安く買う裏技

気になる商品に「いいね!」→値下げ通知を受け取ろう

かなり便利なのが、「いいね!」した商品が値下げされると通知してくれる機能。下の画像のように、「あなたへのお知らせ」に値下げが通知してもらえます。

メルカリ-値下げ通知

「値段は高いけど、ほしい!」という商品を発見したら、とりあえず「いいね!」しておきましょう。

複数の商品を購入して割引してもらう

出品者にとって重い負担が送料です。複数の商品を購入してくれると、送料が安くなるので出品者としては大歓迎!

発送の手間も減るのでありがたい限り。当然、その分の値下げは応じてくれるでしょう。洋服だと、自分と同じサイズを着る出品者を見つけるとテンションが上がりますね(^^)

シーズンオフに掘り出し物を探せ!

夏物は秋~冬くらい、冬物は春~夏に買うようにしています。オンシーズンで売れなかったもの、オフシーズンでも売り切りたいものが出品されているので、交渉するとかなり値切れる(シーズン前でも結構値切れます)

シーズン前の9月に、定価3万円程度の未使用品のモッズコートを込み8000円(別10000円→込み7000円を提案→込み8000円)で買えました(^^)

当然ライバルも少ないので、ゆっくり交渉できます。オンシーズンで売れなかったものについては、コメントしても出品者からの反応がない場合もありますが…

手数料がかかる支払い方法は選ばない

メルカリには、8つの支払方法があります。

  • コンビニ払い
  • ATM払い
  • ドコモ ケータイ払い
  • auかんたん決済
  • クレジットカード払い
  • ポイント使用
  • 売上金使用

コンビニ支払い/ATM払い、ドコモ ケータイ払い/auかんたん決済では、1回につき100円の手数料が発生してしまいます。高い買い物の場合はあまり気にならないとしても、1000円のTシャツを買うために100円の手数料を払うのはバカらしいですね。

手数料がかからないクレジットカード払いで支払いましょう。使えるカードのブランドはVISA・MasterCardだけです。JCBは使えないので注意してくださいね。

クレジットカードは作れるうちに作っておくべき

クレジットカードはもっていない… 学生やアルバイトで生計を立てているので、審査落ちするんじゃないか… そんな風に思いとどまっている人もいるかもしれません。

でも、今の時代は、学生さんや主婦の方はもちろん、フリーターのような非正規で働く方でも審査に通るクレジットカードがあります。

審査基準という意味で、一番おすすめなのは楽天カード。楽天カードの公式な審査基準として公開されている情報にはこう書かれています。

満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く

これってざっくりいうと、「収入がない無職以外は楽天カードに申込OK」ということ。実際に、僕の身の周りにいる主婦やフリーターをしている友人でも楽天カードを作っています。

なぜこんなことを言うのか。クレジットカードを1度も作らないままズルズルと過ごしていると、スーパーホワイトという状態になってしまうからです。

スーパーホワイトとは、クレジットカードの審査基準に使われる信用情報が真っ白の人のこと。実はこれ、借金で破産した人も数年たてば信用情報が真っ白になるんです。

このスーパーホワイトという状態のせいで、1円も借金をせずにまじめに働いていてきた人が、借金で破産した人間と勘違いされる。そのせいで、正社員で働いて収入があっても、クレジットカードの審査に落とされる可能性が高まるという…

だから、クレジットカードは作れるうちにさっさと作っておくべきなんですね。

楽天カード

スポンサーリンク

シェアする

フォローする