DMMモバイル対応端末一覧~オススメのSIMフリースマホでテザリングも利用する~

DMMモバイルで利用可能な(動作確認済みの)SIMロックフリー端末を紹介しています。

価格はもちろん、住む地域によっても選ぶべきものは変わってくるので、注意しないといけません。

なお、紹介するのはLTE通信とテザリング、音声通話の3点セットが利用できる機種です。

3G通信のみ利用可能な端末、テザリングを利用できないドコモのスマホ、音声通話のできないタブレットは除外しています(ドコモのスマホ全てはテザリングは不可能なので)

スポンサーリンク

iPhone(Apple)

iPhoneは5機種が対応。この中で一番古いiPhone5でも、最新バージョン(iOS9)にアップデート可能なので十分使えますね。

  • iPhone6
  • iPhone6Plus
  • iPhone5s
  • iPhone5c
  • iPhone5

iPhone5とiPhone5cは性能も価格もほとんど違いがないので、買うなら5cかなー。

Android端末(音声通話&テザリング可能)

Android端末を紹介していきますが、対応するLTEバンドが非常に重要になってきます。

この部分をしっかり確認してから購入しないと、つながらない場合や通信速度が遅い場合がでてしまいます。

なお、今年1月から展開され始めたBand28は、まだまだ使えるエリアが狭いので除外しました。

Band1、Band3、Band19、Band21対応

「Band1、Band3」とは何?という方に説明すると、この端末で受信できる周波数のことです。

この4つのBand(クアッドバンドLTE)に対応している端末では、LTE通信が使えるエリアなら、どこでも高速で通信できると言っても過言ではありません。

というか、これらの端末でつながらない場合や通信速度が遅い場合は、ユーザーではどうすることもできません。キャリアに新しく基地局をつくってもらわないと・・・。

DMMモバイルで利用可能なクアッドバンドLTE対応機種は、「ARROWS M01(富士通)」しかありません。

富士通が日本国内向けに作った端末で、このスペックで相場は2万円以下(新品)とコスパ抜群です。

この記事の結論を言うと、「ARROWS M01」を買っておけば間違いはありません。

Band1、Band3、Band19対応

Band3は、東京・大阪・名古屋の3大都市圏を中心に利用できるLTEバンドです(地方や郊外では残念ながらつかえない場合が多い・・・。)

逆に、Band21は地方都市を中心のLTEバンド。

ようするに、以下の端末は都市部のユーザー向けと言えます(郊外や地方のユーザーにはオススメできません)

  • Ascend G620S(Huawei)
  • Ascend Mata7(Huawei)
  • NEXUS6(Motorola Mobility)
  • freetel XM(プラスワン・マーケティング)
  • VAIO Phone VA-10J(日本通信)

GoogleのNEXUS6はもちろんオススメ(Googleの端末は、古くてもアップデートに対応してくれることが多い)

「freetel XM」の相場は2万円以下。

Band1、Band19、Band21対応

Band19は郊外や山間部に展開しているLTEバンド。

一時期、auがCMで「800MhHz」と宣伝していたのは、こういう場所でもつながることが要因の一つです(「800MhHz」はソフトバンクのプラチナバンドでもあり、もちろんドコモも対応しています)

ようするに、郊外や地方のユーザーには最適な端末となります。

これら3つのLTEバンドに対応していて、DMMモバイルで利用可能なのは「G2 mini(LG)」のみ。

Band1、Band3対応

Band3は都市部ユーザー向け、Band19やBand21は郊外や地方ユーザー向けのLTEバンド。

ようするに、以下の端末を郊外や地方のユーザーは買わない方がいいということ。

  • Ascend P7(Huawei)
  • Ascend G6(Huawei)
  • Nexus5(LG)
  • LUMIX CM1(パナソニック)

「Nexus5」がオススメ、OSは最新バージョンにアップデート可能です。

Band1、Band19対応

Band1、Band19に対応していて、DMMモバイルで利用可能なのは京セラの「TORQUE SKT01」のみ。

Band1、Band19、Band21に対応している「G2 mini(LG)」より、こちらを勧める理由は見当たらない・・・。

ごめんなさい、京セラさんm(_ _)m

Band1のみに対応

Band1はドコモメインのLTEバンドの周波数。

Band1のみに対応しているのは、「MEDIAS NE-202(NECカシオ」

当然、1つのLTEバンドにしか対応していないと、混雑するので通信速度が遅くなる場合が多い。

値段も1~2万円なので、都市部のユーザーは「freetel XM」、地方のユーザーは「G2 mini(LG)」を買った方がいいです。

Band3のみに対応

Band3のみに対応していて、DMMモバイルで利用可能な端末は、「ZenFone5 LTE A500KL(ASUS)」

Band3のみに対応なので、この端末もオススメできない・・・。

「ZenFone」は有名ですが、優秀なスペックをもつのは「ZenFone2」の方です。でも、DMMモバイルでは「ZenFone2」は使えない。。

音声通話&テザリング可能なファブレット

調べてみると、音声通話が可能なタブレットが2つ、DMMモバイルで利用可能でした。タブレットというか小さいスマホ、ファブレットです!

  • ASUS Fonepad7 LTE ME372CL(ASUS)
  • MediaPad7 X1 7.0(Huawei)

これら2つの端末が対応しているLTEバンドは、Band1、Band3、Band19の3つです。

ちなみに、iPadは音声通話に対応していないので紹介しませんでした。

★★★

まとめると、東京・大阪・名古屋の3大都市圏に住んでいる人も、地方に住んでいる方も、Band1、Band3、Band19、Band21の全てに対応しているARROWS M01がおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする