夏用のバイクグローブには「メッシュ素材」がおすすめです。

春や秋はまだしも、夏にバイク用グローブを付けていると蒸れて暑いです。

そんな悩みを抱えているなら、メッシュのバイクグローブを試してみましょう。

スポンサーリンク

夏でもバイク用グローブはつけるべき

「めんどくさいから、寒くないから」といってバイク用グローブをつけないことはオススメできません。一度でも、滑ったりしてみてください、めっちゃくちゃ痛いですから。

簡単に足が折れるとかはないですが、ちょっとしたスリップで2~3日足を引きずった経験があります(本当にこれで済んでよかった…)

バイクで滑ったり、こけたりするときは手から地面に向かっていくので、バイク用グローブは絶対に欠かせないんです。

プロテクトが付いている「メッシュのバイクグローブ」がおすすめ

「メッシュ」のバイク用グローブの特徴

バイク用グローブはレザー・メッシュ・ネオプレーン・ゴアテックスの4つの種類(素材)に大きく分けられます

冬用のバイクグローブには、ネオプレーンとゴアテックス。春や秋、夏でも大丈夫なのがレザーとメッシュのバイクグローブ。

特に夏のシーズンでは、通気性の良い「メッシュのバイク用グローブ」が最適です。

ネオプレーンやゴアテックスのバイク用グローブよりも厚さは薄く、所々がメッシュ仕様になっています。だから、暑い夏でもストレスなくつけることができる。

プロテクト付きのバイクグローブが必要

プロテクトがついていないバイク用グローブは、厚めの手袋をつけている時とあまり変わりません。だから、怪我をしてしまう危険性がある。

必ず、「プロテクトの付いたバイク用グローブ」を選ぶようにしてください。

プロテクトの付いたバイク用グローブ

プロテクトは、手の甲と手のひらの両側についているので、万が一の時に衝撃を和らげてくれるようになっています

「付けづらい、かさばる」といったこともなく、プロテクト付きのバイク用グローブを使っていて不満はないです。

コミネのバイク用グローブがコスパ最強

コミネというメーカーのプロテクトが付いている「メッシュのバイクグローブ」を使っています。

(コミネは、バイク用のパーツやバイク用品を扱っている日本の会社。品質が良いのはもちろんのこと、最大の特徴は他社の製品と比べて安い)

プロテクトがしっかりしているのに付けづらくもない。かさばりもしないです。そのうえ、メッシュ素材で蒸れにくいバイクグローブ。

コミネ GK-131コミネのバイクグローブ

【サイズの選び方】バイクグローブを買うときに注意することは、普通の手袋よりもタイトな作りになっているので、ワンサイズ大きめのものを買うことです。

普通の手の大きさの人→Lサイズ、小さい人→Mサイズのように。自分も手の大きさは普通ですが、Lサイズのバイク用グローブを使っています。

KOMINE プロテクトメッシュグローブ

KOMINE(コミネ) グローブ GK-181 プロテクトメッシュグローブ-ブロッカ(BROCCA)II ブラック/シルバー M06-181

スポンサーリンク

シェアする

フォローする