au携帯料金の支払い方法をネットで変更する(契約者以外でもOK)

au携帯料金の支払いは、紙の請求書を発行してもらい、コンビニで支払っていました。

この方法は、50円(紙請求書発行手数料)+100円(窓口支払い手数料)=150円が余計にかかってしまいます。

家族が契約者で、自分が料金を支払っているという形式だったので、めんどくさくて毎月150円余計なお金をずるずると(^^;;

しかし、auから紙請求書発行手数料値上げのお知らせが届く・・・。

スポンサーリンク

auから紙請求書発行手数料を200円に値上げするお知らせ

auから、紙請求書発行手数料を50円→200円にするというお知らせが届きました。これは2015年10月請求分から適応されるとのこと。

auからのお知らせ

紙請求書のついている払込用紙を使って支払うと、200円(紙請求書発行手数料)+100円(窓口支払い手数料)=300円という余計なお金がかかってしまいます。

さすがに年間3600円は高い、これは変更するしかないです!

支払方法は大きく分けて、①窓口支払い、②口座振替、③クレカで支払う、④銀行のATMで支払うの4種類があります。

ここでは、支払方法を口座振替/クレジットカードに変更する手順をメインに紹介していきます。

au携帯料金の支払い方法を口座振替orクレジットカード支払いにする方法

auお客様サポートにログイン後、「支払い方法を変更する」へ

ここでは明細書や支払方法も確認ができます。

auお客様サポート

②クレジットカードor口座振替を選ぶ

ここでは紙の請求書→口座振替に変更していますが、口座振替の支払い口座を変更する場合でもOKです。

また、契約者と口座名義が違う場合でも、支払うことは可能です。

ここからは口座振替の場合を紹介します。ネット銀行では、ジャパンネット銀行や楽天銀行、住信SBIネット銀行やじぶん銀行が対応しています。

ここに載っていない銀行で支払いたい場合は、ページ下部にある「申込書を送付する」から、ハガキ(口座振替申込書)を送付してもらわないといけません。

③メールアドレスを入力する

④銀行を選択する(住信SBIネット銀行や楽天銀行などのネット銀行で支払いたい場合は、「その他」へ)

以後は、各銀行のサイトで手続きになります。全部の手続きが終了すれば、この画面になります。

いつから支払方法の変更が反映されるか?→来月の利用分(翌々月の支払い)からです。

ここまででわからないことがある場合は、電話で問い合わせをするのが確実です。

スマートフォン・携帯電話に関するお問い合わせ | サポート | au

あなたのシェアが次の誰かを救います。#わりとマジで

スポンサーリンク

シェアする

フォローする