Amazonプライム会員になれば受けられる10個の特典

Amazonプライム会員はいくらでなれる?→年会費3900円(325円/月)でなれます。

でも、お急ぎ便はいらないし、時間指定はタダでできる場合(ヤマト配送時)があるという人には、大したメリットはありませんでした。

しかし、ここにきてAmazonがプライム会員の特典を充実しはじめました。タイムセールで安く商品が買えて、音楽が聞き放題・動画も見放題、月一冊Kindle本がタダで見れる。

Amazonプライム会員は、もとをとることが十分可能なんだよってことを詳しく紹介していきます!

スポンサーリンク

Amazonプライム会員になれば受けられる10個の特典

お急ぎ便・当日お急ぎ便が無料で利用可能

お急ぎ便・当日お急ぎ便の対象商品は、以下のように書かれてる商品です。

11/23 月曜日 にお届けするには、今から23時間58分以内に「お急ぎ便」または「当日お急ぎ便」を選択して注文を確定してください(有料オプション。Amazonプライム会員は無料)

お急ぎ便とは、注文確定日から3日後までにAmazonが商品を届けてくれるサービス。「3日後まで」では遅いと感じてしまいますが、それはあくまで最低ラインの話です。

実際には何時ごろに届くかというと、午前中に注文すれば明日中(翌日)には届くといった感じです。1回につき360円の追加料金が無料になると考えるとちょっとお得?

もう一つの当日お急ぎ便、こちらは注文確定当日に商品を届けてくれるサービスです。自分の経験では、朝早く注文すると夜まで(当日)には届きました。

これだけ早ければ、1回につき514円の追加料金(プライム会員は無料)が発生するのもうなずけます。

お急ぎ便・当日お急ぎ便には、予約商品が発売日(発売日前日)に手に入れるために使うこともできますね。AKB48やジャニーズのCD・DVDをいち早く手に入れたいという人にはいいかも。

余談になりますが、お急ぎ便が予定日に届かなかった友人がAmazonに申し立てたところ、タダでプライム会員期間を1ヶ月延長(返金?)してもらえたと言ってました。

その時々の状況によって変わると思いますが、そういうケースが発生した場合はサポートに問い合わせた方がいいのかもしれません。

何が言いたいかというと、それくらいAmazonは配送スピード向上に力を入れているということです。

日にち・時間指定(お届け日時指定便)が無料で利用可能

お届け日時指定便とは、自分が決めた時間に商品を届けてもらえるサービスです。対象となるのは、Amazonが発送する商品(一部のマーケットプレイス商品でも、お届け日時指定便が利用できる)

1回につき360円または514円の追加料金が無料になると考えるとありがたいかもしれません。しかし、時間指定を無料で利用できる裏技的なものもあります。

ヤマト運輸さんが持ってくる商品すべては公式サービス「クロネコメンバーズ」を使ってタダで時間指定が可能なんです。

よって、Amazonの商品はいつもクロネコさんが持ってくるよというご家庭には必要ないサービスとなります。わざわざお金を支払って有料で時間指定をする意味はないですからね。

あとは、地域によっては指定した時間には来ないのに、向こうの都合で届けに来る業者も存在するので、そういう部分には注意する必要があります。

特別取扱商品の取扱手数料が無料

お水やお茶をまとめ買いしようと商品ページを見てみると、価格の右部分に「特別取扱商品(+取扱手数料350円)」と書かれている商品があります。

Amazon - 特別取扱商品
出典 : Amazon

プライム会員限定先行タイムセールこのような重い商品の販売に対しては、特別な料金をとるようにAmazonもなっています。でも、プライム会員なら無料になるということです。

プライム会員はタイムセール開催時刻よりも30分早く購入可能

Amazonが毎日やっている24時から始まるタイムセール。お得な商品は1分もたたないうちになくなってしまうこのセール。

プライム会員は、タイムセール開催時刻よりも30分早く商品が購入可能になります。安くてお得な商品を買うにはプライム会員が必須の条件になったとも言えますね。

タイムセールで商品を買っているよという人は、プライム会員を検討してみてください。ただし、本当の目玉商品は数が限られているので、プライム会員になってもなかなか買えない…

その他、世界中で開催されたAmazon最大のセール「プライムデー」の参加条件がプライム会員であったこともあり、セールについてはプライム会員を優遇してくれる方針なのかもしれません。

Prime Nowを利用可能、2時間便なら無料!?

Prime Now(プライム・ナウ)とは、Amazonプライム会員が利用できる配送サービス。日本でもサービスが開始されました。注文後1時間以内配送では890円、2時間便なら無料で利用可能。

しかも、1時間以内配送の場合は、1時間以内に届かなかった場合は配送料金を返金するという本気っぷり。

ただ、2,500円以上の注文であり、サービス対象エリアも限られています。もうちょっと広がってくれたらうれしいですね。絶対に、無料の2時間便しか使わないと思うけど(笑)

【サービス対象エリア】→東京・千葉、大阪・兵庫の一部エリア→Prime Nowについて

Amazonプライム家族会員に無料でなれる!

以上、紹介した5つの特典全てが同居の家族2人まで無料で利用可能です。といっても、プライム会員である代表者が家族の代わりに買ってあげればいいだけの話ですが…

あってないようなもの、それがAmazonプライム家族会員ですかね。

食品・日用品がスーパー並みの価格で買える「Amazonパントリー」

Amazonパントリーとは、「パントリーBox」と呼ばれる52cm×28cm ×36cmに段ボールに入る分だけの商品の手数料(送料)が290円/1箱で買えるサービス(プライム会員のみが利用できる)

パントリーBoxの大きさですが、じゃがりこ(パントリーBoxの使用率1%)が100個が入る大きさと言ったらわかりやすいでしょうか? いや、分かりにくいか(笑)

2Lのペットボトル(南アルプスの天然水→パントリーBoxの使用率17%)が5つは入る、6つめはぎりぎり入らないくらいのイメージです。

Amazonパントリー
出典 : Amazon

肝心の価格ですが、スーパーよりも5%くらい高い感じですね。ただ、LOHACOやSEIYUドットコムなどの日用品が安く買えるネット通販よりも安い価格設定になっていると感じました。

Amazonパントリーで扱っている商品

しかし、パントリーBox1箱で290円かかるのはね… 食品や日用品を安く買うためにAmazonパントリーを使うのはちょっと違う。

リサーチしきれていませんが、もしかしたらAmazonパントリーで扱っている商品の送料は無料ではないケースが多いのかもしれません。だったら、お得なサービスとも言えますから。

2chとかでも、Amazonパントリーを使うメリット(利点)がよくわからないといわれているサービスです。

Amazonプライム会員は音楽聞き放題・動画も見放題

月に1冊Kindle本が無料で見れる「Kindleオーナーライブラリー」

プライム会員は、月に一冊Kindle本が無料で見れる「Kindleオーナーライブラリー」を利用することができます。対象の本もかなりの量なので、絶対に自分が読みたい本に出会えます!

ただし、この「Kindleオーナーライブラリー」には注意することが2つあります。1つは、Amazonプライム会員資格の有効期限が切れた場合はその本にはアクセスできなくなること。

これにかかわりますが、Kindleオーナーライブラリーで入手した本は、完全にユーザーのものになっているわけではありません。

部屋の本棚に本を買ってきてどんどん本が集まっていくのではなく、一冊ずつ本を借りてきて新しい本を借りるときには古い本を返しに行かないといけない(そのインターバルが1ヶ月間)

ようするに、月一冊本をタダでレンタルできるサービスだということです。

もう一つは、Kindle端末またはFireタブレットを所有しているプライム会員のみが利用できるということ。

ようするに、PC/MacまたはiPhone/iPad、AndoroidのKindleアプリからはKindleオーナーライブラリーは利用できないんです…

iPhoneでKindle本を読む派の自分にとっては辛い。Amazonは商売上手なので、プライム会員ならKindle端末を実質4000円安く買えるようになっています。

価格はだいいたい9000円なので、4000円引きの実質5000円でKindle端末が入手可能に。悩みますね。

【プライム会員限定】 「Kindle」「Kindle Paperwhite」 4,000円OFF

プライム会員はPrime Musicで音楽が聴き放題!

Prime Musicでは100万曲以上の楽曲が聞き放題。でも、AppleMusicと比較すると一ケタ違うほど楽曲数は少ない(まあ、LINEミュージックも150万曲くらいなんですけどね…)

自分も含めて一番気になるのはPrime Musicで聞くことが可能なJ-POPのアーティスト。海外のサービスなので有名どころの洋楽は抑えていても、邦楽(日本)は貧弱なラインナップになりがち。

Prime Music:J-POP

でも、AWAのライトプランやフリープランのような制限は一切ないですし、今まで紹介してきたプライム会員の特典全てついて月換算325円なんですよ。

【参考】 : AWAのフリープラン(無料)で使える機能ってどうよ?

iPhone/iPad・Andoroidなどのスマホ、Mac/PCでも聞けるし、ダウンロードからのオフライン再生にも対応。4台までのデバイスで使用可能なことも地味にありがたい!

はっきり言って安すぎですね。プライム会員になるべき理由が1つ増えました。

プライム会員はプライム・ビデオで動画が見放題!

一番驚いたのはこれ。もう一回言いますが、今まで紹介してきたプライム会員の特典全てに「プライム・ビデオ」がついて325円/月なんですよ。

別途追加料金がいるわけではなく、プライム会員なら無料でプライム・ビデオを利用できるんです。

どう考えても安すぎ。いつもながら、Amazonは採算がとれる見込みなのか心配になってしまいます。

作品の数も充実しています。海外ドラマ・映画はもちろん、日本のドラマ・映画も充実しています。個人的に気になったのは、子供向けアニメの豊富さ。

あとは、AKB48のライブ映像がプライム・ビデオで独占配信になっていたことも特徴の一つです。今後、こういう独占配信になっている作品のラインナップがさらに増えることにも期待!

対応端末は、AmazonのFireタブレット、Android/iOSのスマホ、Mac/PC/Playstation4などなど。

あとは、Chromeブラウザのクロームキャスト拡張機能を使うことで、Chromecastを介して普通のテレビでも視聴可能になります。

もちろん、Amazon純正のFire TV Stickをつかってテレビで視聴するのが一番オススメですが。

デメリットをあえて挙げるなら、オフライン視聴のためにダウンロードするのは2台の端末まではOK、本数は25本までなことくらいですかね。

プライム・ビデオ

Amazonプライム家族会員は利用できない特典がある?

今まで触れてきませんでしたが、注意することもあります。それは、「Kindleオーナーライブラリー」・「Prime Music」・「プライム・ビデオ」はAmazonプライム家族会員では利用できないこと。

自分自身もAmazonプライム会員にならないといけません。あくまでも月額換算325円のサービスなので、さすがにそこまでは求めすぎかな。

Amazonプライム会員無料体験への申し込みが可能

長い文章を書いてきて言うのもなんですが、実際に体験してみるとAmazonプライム会員のお得さがよくわかります。

幸いなことに、今なら1ヶ月間のAmazonプライム会員無料体験があります。無料体験中には、今まで紹介してきた特典全てが利用できますよ。

Amazonプライム会員の年会費支払い方法には、クレジットカードが使えます(デビットカードまたはプリペイドカードでも支払い可能)

あとは、無料で試せる「Amazonプライム会員無料体験」でも、一応カードの登録が必要になります。

Amazonプライム会員無料体験

スポンサーリンク

シェアする

フォローする