20代で貯蓄できない人は一生貯金ゼロ!?

最近、衝撃的なデータを見ました。それは、年代別の「貯蓄ゼロ世帯」の割合と、貯蓄額の中央値について。

格差拡大・日本人の貧困化を裏付けるデータでもあります。このデータからわかったのは、20代で貯蓄できない人は一生貯金ゼロだということです。

スポンサーリンク

「日本人は貯金好き」はウソ、急速に広がる貯蓄ゼロ世帯の衝撃

本題に入る前に、「日本人は貯金好き」というのは過去の話だということも、貯蓄ゼロ世帯の推移から紹介します。下図は、2011年までの金融資産を保有しない世帯の推移です。

1997年に10%だったものが、たった15年で3倍の約30%に急上昇しています。

金融資産を保有しない世帯の割合
出典 : 無貯蓄・低貯蓄世帯の増加と働き方を巡る問題

しかも、このデータは2人以上の世帯におけるもので、単身者世帯を含めるともっと酷くなるでしょう。

これでは、「日本人は貯金好き」とは言えません。「一億総中流」もそうですが、もはや過去の話で、メディアは印象論で報道しているのでしょう。

年代別「貯蓄ゼロ世帯」が占める割合からわかること

下記は、各年代における貯蓄ゼロ世帯(貯蓄のない世帯)と貯蓄額の平均値と中央値です(2人以上の世帯のデータなので、一人暮らしの男性・女性は含まれていません)

貯蓄の平均額については、極端に年収の高い人が平均値を押し上げてしまう傾向があります。全然実感のない数字になってしまいがちなので、無視してくださったほうがわかりやすいと思います。

データによると、どの年代においても3割の世帯が貯蓄ゼロで自転車操業状態です。

20代の中央値30万円は衝撃的…(20代前半、20代後半では違うと思いますが)

・20代 貯蓄のない世帯41.0% 平均値183万円 中央値30万円
・30代 貯蓄のない世帯34.2% 平均値415万円 中央値130万円
・40代 貯蓄のない世帯30.4% 平均値614万円 中央値300万円
・50代 貯蓄のない世帯29.5% 平均値1124万円 中央値408万円
・60代 貯蓄のない世帯28.1% 平均値1765万円 中央値740万円

出典 : みんないくら貯めている?平均貯蓄額は?[預金・貯金]All About

ここで鋭い視点をお持ちの方は、ある共通点に気づかれたとおもいます。

30代~60代(とくに40代~60代)の貯蓄ゼロ世帯の割合がほとんど変わっていないことです(20代は他の年代と比べて、貯蓄ゼロ世帯の割合が多く、貯蓄額の平均値と中央値ともに大きく低い)

ここから、20代(最低でも30代)で貯蓄できていない人がそのままズルズルと過ごしてしまい、60代になっても貯蓄ゼロの状態のままになっていることがわかります。

最低でも各世代の中央値の額を目標に、毎月コツコツと貯蓄することを習慣化しておかないといけない。月々で言うと、収入の1割くらいは貯蓄したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする